【私小説】「Facebookで同級生を検索した結果」


※この物語はフィクションです

(文・島津)

浩義は今日は仕事が休みだった。
「仕事が休み」と言えることが浩義には新鮮で嬉しくもあった。

なぜなら浩義は40過ぎまで定職に就いたことがほとんどなく、仕事も長続きせず、楽な夜勤バイトと転売で生計を立てていたからだ。
その日、浩義は何気なく、フェイスブックを眺めていた。

浩義はフェイスブックには偽名で登録している。
それはなぜかと問われたならば、現在の冴えない生活を田舎の同級生などの飲み会のネタにされ、噛ませ犬のような扱いをされることが相当な屈辱だからだ。
無論、友達登録している数は、1でも2でもなく、ゼロだった。
ふと思い出して、1人の同級生「赤田謙吾」を検索してみた。
浩義は高校時代から友達がいなかった。
浩義は、人に話しかけることが苦手であり、人を目の前に何を話せばいいか分からず混乱し、3年間、総選挙圏外の指定席から脱出することができなかった。
赤田とは高校3年間同じクラスにいただけで、ただアイウエオ順の1番でなんとなく思い出しただけだった。
赤田の現状に探りを入れようとしたのが自爆の始まり・・・赤田のプロフィールには「既婚」の文字が燦然と輝き、成長した子供の写真をこれでもかと掲載することによって浩義に無言の攻撃を浴びせてきた。
赤田の友達に登録されてる奴らは150人はいた。その中には赤田とは接点のないはずの、浩義の中学の同級生まで網羅されていた。
浩義は俄然動揺していた。
真っ当な人生とはこういうものだと見せつけられている気がした。
どんどん友達を増やしていってネットワークを作っていく。
それが浩義にとっては「普通」もしくは「勝ち組」という巨大な壁に見えて、こちとら1人の友人を作るのにも苦労する、不器用な負け組ライフスタイルから未だに脱却できない低空卑行を続けているのだ。

そんな、自分のケツの青さ、歪んだ性格、惨めな人生を、責められあざ笑われていることが確信となっていた。
その後、やらなきゃいいのに赤田の友達リストから辿って行って、数十人の同級生のページに侵入した。
あんな男勝りで結婚できるわけないと思ってた「そばかす女」が結婚してたり、デブでブサイクで白豚以外の何者でもなかった男がシュッとしたビジュアルに改良していたり、頭が悪くて地味でモテないと勝手に数枚は格下の烙印を押していたはずの男が難関資格を取得して開業している姿が、浩義を次々に突き刺してきた。

辛うじて浩義のダメージが緩和したのは、プロフィール欄の「独身」の文字を視覚に捕らえた時と、大学を中退していた男の友達の登録者数が「13人止まり」であることを濁った網膜で確認した時だった。
それでも浩義の荒ぶる波は収まり切らず、ついに脳内で何かのゴングが打ち鳴らされた。

「おい!田舎で徒党を組んでる野郎ども!どうせみんな死ぬんだ、せいぜい充実した生活をフェイスブックで自慢して、『充実してるのは俺の方だ』『いや私だ』ってな具合でな、表面的なコメント残し合ってる裏側で、醜い小競り合いでも繰り広げてろよバカヤロー!こっちは東京でシティボーイ、いや都心から離れた郊外に棲む中年として東京都民してんだ、どんなに充実しようが田舎で暇過ぎてフェイスブックで強がって、尽きること無い飲み会してる連中とは違うんだこの野郎!!中には都会でフェイスブックやってる奴もいるけどな、とりあえず今回はそいつらは除外だ!とにかく田舎モンども、お前らは・・・いや違う。みんなは充実してる。立派に生きてる。男としてかっこいい。いい歳の取り方してる。女も見事に成熟してる。どうしたらそうなれるんだ?田舎の狭苦しく不便な環境の中でも充実感を見出し、ささやかな幸福を得ながら生活してる。家族を養い子を育てて未来につなげている。置かれた状況を楽しんでいる。敵わん。敵うわけがない。こっちは孤独に陥っていて休日となれば誰とも話さないし、いつまで経っても人とつるめない。幸福になりたいけど、羨んでばかりで、なれてないんだバカヤロー!でもな!おいそれとそれを認めるわけにはいかねえんだよこの野郎!ふざけんなこの野郎!なめるなこの野郎!来世では倍にして返すぞこの野郎!(リングに)上がって来い!!

浩義は泣きながら、ド演歌ファイトを身上とするプロレスラー気取りの言葉を脳内の架空のリングのど真ん中より外れた場所で空しく叫ぶのだった。

(完)

 
——————————

紙面版ご購入はこちらをクリック

ひきこもり新聞をサポートして下さる方を募集しております。詳細はこちら
更新情報が届き便利ですので、ぜひフォローしてみて下さい!
Twitter
Facebookページ


3 Comments

  1. 七歳

    夜勤バイトと転売で生計を立てられるのかと、
    仕事探しに苦慮し、絶望的していた僕に微かな希望が生まれた。

  2. 島津

    コメントありがとうございました。
    ボールを投げたものに対して返ってきたっていうのと、微かな希望でも生まれたのであれば、筆を執った意味があったのかな、と思いますね。

  3. くりぼう

    「来世」ww
    でも ど演歌叫ぶ元気があるんだから、復活はそんな先でもないんじゃないか。

    はめてあるイラストが変にほのぼのしてて笑える。