【在宅中間就労への道】未来に向かって共に歩むために


(文・柳井)
近年、在宅ではたらくスタイルというのが、注目されています。ひきこもりフューチャーセッション庵でもテーマになる事がありました。

就労に対して中間就労があるように、在宅勤務に対しても何か中間的な就労支援があれば、当事者にとっても一つの可能性になるのではないでしょうか。

これまで、居場所とはたらく場のあいだというテーマでも活動し「ワークショップ」を通して地域の中での段階的なしくみを考え実践してきました。

そして、居場所からはたらく場へのハードルを段階的に埋める仕組みの第1段階に協働という考え方を取り入れる事を考えてきました。4月19日に、この協働をワークシェアリングという形で当事者と共に実践する予定です。

今回は、ひきこもり支援に理解のある一般社団法人コンフィデンスの依頼を受け、ひきこもり新聞でも記事に掲載された協働連絡会がワークショップを企画運営し、そのアシスタントにひきこもり当事者が加わるという形になります。

それぞれの立場から、どんなはたらき方なら無理なくできるかを話合い実践していきます。「30分だけチャレンジしたい」、「最後までチャレンジしてみたい」、「途中でできなくなるかもしれない」いろいろな想いがあると思いますが、事前に話し合う事で安心してチャレンジできるような場にしていきたいと思います。(途中まででもワークショップは運営できるように授業設計します。)

趣味があれば、その延長線上にしごとを作る事で、好きな事と仕事が結びつきやすくなると考えています。

来年度から本格的に実施する予定です。

*画像は授業で利用するホームページテンプレートとそのコードのイメージ

広告は出していませんがワークショップの依頼は、これまでに、一般社団法人、社会福祉法人、株式会社など3件の依頼を頂きました。

今後、これらの活動を広げていく上で、ホームページの運営や広報活動、資料作成などの作業が必要になってきます。これらの活動を在宅中間就労として実現できれば人口の多い都市部でワークショップを開き、地方にいながら在宅でITを活用する事で当事者活動のバックアップを仕事につなげる事も可能になると思います。

~お知らせ~

当事者協働を実施します。

*イベントではありません。
☑ 就労移行支援施設の利用者向けにワークショップを開講します。
・プログラミング体験講座
・日時 4月19日(木)午後2時~午後3時
・場所 コンフィデンス日本橋
東京都中央区日本橋室町1-5-15 昇賢ビル4階
・取材が1件あります。